栄養ケア・ステーション 栄養価計算サービス(約1週間でわかる)

2024.6.17 実績紹介

栄養価計算ってなに?

文部科学省が定めている「日本食品標準成分表」を基に、栄養価を算出することです。

栄養価計算はこんな方にオススメ

  • 加工品の栄養成分表示が必要な方
  • ダイエットや病気で食事制限があり、毎食の栄養価が気になる方

栄養価計算サービス

1品 1,650円

実績件数

171件(お取引企業数12件)

成分分析に比べ安い!とご好評いただいております。

ご依頼方法

①メニューに使用する「食品の材料」と「調理方法」を詳細に教えてください。

例えば・・・

  • 米飯:炊きあがり状態(米粒の状態など)
  • 野菜:生or茹で/皮あり・なし
  • 鮮魚・甲殻類:魚の種類/生or焼き
  • 調味料:名称、使用量

chirashi_sushi.jpg

eiyoushi_recipe.jpg

②結果報告方法を選択してください。

  • 直接栄養士がお伺いする
  • ご依頼者様にご来局いただく
  • お電話
  • メール

③結果報告

資料が揃ってから約1週間程度で、計算結果をご報告いたします。お急ぎの場合は原本お渡しの前に「メールまたはFAX」などで先にお知らせいたします。

※ご依頼数が多い際には時間を要する場合がございます。あらかじめご了承ください。


事業者の皆さまへのご注意

  • 食品成分表にないものが含まれる場合、製造メーカーより「製品規格書(栄養成分基本5項目 エネルギー・たんぱく質・脂質・炭水化物・食塩相当量もしくはナトリウム)」を取り寄せていただき、まつもと薬局まで送付していただきます。
  • 食品成分表に該当しない、もしくは製品規格書がない食品を含む場合は、計算できかねます。ご了承ください。
  • 成分分析による栄養分析ではありません。あらかじめご了承ください。
  • その他の項目や、複数のご依頼の場合の所要時間などについては、ご相談ください。

下記条件を満たせば、栄養価計算で算出したものを表示できます

  • 類似性が高い食品がデータベース等にある場合、その値を用いて計算する等、分析以外でも 表示値を求めることができます。
  • 参照に適したデータベース等の例や、参照するのに適切ではない事例を踏まえて、データ ベース等から値を参照したり、計算に用いたりします。
    (参考資料:消費者庁 食品表示法に基づく栄養成分表示のためのガイドライン) 
    原材料の商品情報などを確認し、まつもと薬局の管理栄養士が栄養素を計算し、ご報告いたします。