Vol.5 かぜ・インフルエンザの予防

2017.10.23 薬局だより

かぜやインフルエンザの予防と回復には、十分な睡眠や休息、適度な運動も大切ですが、3回の食事も大変重要になってきます。 免疫力を高めるには、抗酸化作用等のある栄養素も積極的に摂るようにしましょう。

かぜ・インフルエンザの予防や回復に役立つ食品

ビタミンC

抵抗力をつけ、かぜの予防や回復に役立ちます。血管や皮膚を健康に保ちます。抗酸化作用や抗ストレス作用があります。 水にとけやすく、熱にも弱いので、生で食べられる物で摂ると良いです。 かぜをひくと消耗が激しいので多めに摂りましょう。

ブロッコリー≪多く含まれる食品≫
ブロッコリー・赤ピーマン・大根 じゃがいも・さつまいも
いちご・みかん・レモン・キウイ等

ビタミンE

強い抗酸化作用をもつビタミンで、細胞の老化を防ぐ事から、老化防止や生活習慣病の予防効果が期待されています。
白血球やリンパの働きをよくし、免疫力を高めます。

かぼちゃアーモンド≪多く含まれる食品≫
アーモンド・食物油・ピーナッツ・イクラ・かぼちゃ
うなぎ・大豆等

ビタミンB6

たんぱく質の代謝にはかかせない栄養素です。また、免疫機能を正常に維持したり、脂質の代謝もサポートしたりします。
皮膚炎や神経安定に効果的です。

にんにく≪多く含まれる食品≫
にんにく・マグロ・牛レバー・いわし等

亜 鉛

免疫反応をはじめとした各種の酵素をサポートします。新陳代謝や成長に欠かせません。
不足すると免疫が低下したり、味覚異常を起こします。

緑茶牡蠣≪多く含まれる食品≫
牡蠣・チーズ・するめ・牛肉・うなぎ かき・緑茶等

レチノール(ビタミンA)

ウイルスの侵入口となる鼻や喉の粘膜を丈夫にします。感染症を防止し、抗ガン作用もあると考えられています。
油と一緒に食べると吸収率アップします。

かぼちゃトマト≪多く含まれる食品≫
にんじん・かぼちゃ・ブロッコリー・トマト・レバー うなぎ・たまご 緑黄色野菜他

ビタミンB群

発熱によってビタミンB群が失われ不足します。

たまご豚肉≪多く含まれる食品≫
たまご・豚肉・豆類・チーズ にんにく・ほうれん草

セレン

抵抗力をつけ、かぜの予防や回復に役立ちます。組織の老化を防いだり、動脈硬化を防いだりします。
がん細胞増殖の抑制も期待されています。かぜをひくと消耗が激しいので多めに摂りましょう。

≪多く含まれる食品≫
tuna.jpgえび・いか・かに・カツオ等

カテキン

強い抗菌・坑ウイルス作用があり予防に大きな効果を発揮します。

緑茶≪多く含まれる食品≫
緑茶

β-Dグルカン

免疫細胞を活性化します。ビタミンCと一緒にとると効果的です。

しめじしいたけ≪多く含まれる食品≫
きのこ類

硫化アリル

臭いの成分です。強い抗菌作用と、免疫力を高める力があり、体を温めてくれます。
胃が弱っている時は少量か回復をまってからにしましょう。

たまねぎにら≪多く含まれる食品≫
ねぎ・にんにく・玉ねぎ・にら


dayorivol5_17.gifこんな食品にはご注意dayorivol5_17.gif
  • 脂質や食物繊維は、胃腸に負担がかかり、体力維持に必要なビタミンやミネラルまで排出させてしまうので摂りすぎに注意しましょう。
  • アルコールアルコールは、熱や咳を悪化させたり、薬の作用を増強させてしまいます。肝臓にも負担がかかるので控ましょう。 たまご酒も効果があるのはひき始めです。
  • トマト・きゅうり・なす・白菜・そば・貝類は体を冷やすので控えめにしましょう。

風邪にオススメの手作りドリンクdayorivol5_11.gif

dayorivol5_12.jpgdayorivol5_13.jpg

dayorivol5_15.jpgdayorivol5_14.jpg