Vol.2 ワーファリンと納豆・クロレラとの相互作用

2017.10.20 薬局だより

ワーファリン(ワルファリン)と納豆・クロレラとの相互作用

ワーファリン(ワルファリン)は、血液が固まるのを防ぐ作用(抗擬固剤)を持っているお薬です。ビタミンKを多く含む食品(納豆・クロレラ)を食べると ワーファリン(ワルファリン)の効きが悪くなります。

dayorivol2_01.gif

ワーファリン(ワルファリン)についての質問 どうして?

ワーファリン(ワルファリン)を服用中は、ビタミンKの活動がおさえられた状態にあります。この時にビタミンKを多量にとると、ワーファリンの作用が減弱してまいます。ビタミンKは、人の体内において腸内細菌でも生産されます。

  • 納豆(納豆菌)は小量でも腸の中でビタミンKを作りだします。ワーファリンの効き目が悪くなってしまうので、食べないようにしてください(他の大豆食品は大丈夫です)。
  • クロレラには、ビタミンKが多く含まれています。
  • ワーファリン(ワルファリン)服用中の方で健康食品の購入をお考えの方は、

必ず主治医に相談して下さい。

ワーファリン(ワルファリン)とお酒は飲んでもよいか お酒は飲んでも良いの?

アルコールはワーファリン(ワルファリン)の薬効に影響を及ぼす可能性があります。
飲みすぎないようにしましょう。

1日量は???

  • ビール大瓶〜1本 630ml  dayorivol2_04.gif
  • 日本酒〜 1合 180ml    dayorivol2_03.gif

『ビタミンKについて』

坑出血性ビタミンとして、ビタミンK(凝固ビタミン:koagulation -V)と命名されました。
ビタミンkは脂溶性ビタミンで、豆類、緑黄色野菜、海藻類、鶏肉皮、油脂類などに多く含まれています。

  • 食品に含まれるビタミンKは"K1"と"K2"があり、その効力 は同等で、熱に安定しています。
  • ビタミンk1〜緑色の野菜(植物の葉緑体で産生)に含まれています。
  • ビタミンk微生物により作られるので、発酵食品(納豆菌等)に含まれています。

dayorivol2_02.gif

【成人1人1日当たりの目安量 = 男子 80μg・女子 65μg】

ビタミンKの主な働き

  • 血液凝固に冠せる成分で、血液凝固を促進させる。
  • 骨粗鬆症を防止し、骨の形成を促す。

dayorivol2_05.gif

ビタミンK欠乏症

  • 血液凝固時間がのびる。新生児出血疾患

『ビタミンK』を多く含む食品(可食部100g当たり)

dayorivol2_06.gif

ワーファリン(ワルファリン)服用患者様は、納豆・クロレラの節制を避ける必要があります。

  • モロヘイヤ・青汁・緑色の野菜ジュースなどの健康食品も避けたほうが良いです。
  • その他の食品に関しては、一時的な大量摂取をしなければ、問題ありません

(緑黄野菜のお浸し1人前は40~60g漬物は1人分は10~20gです)

※食事に関する心配な事などお気軽にご相談下さい