先輩の声横田 衣理那 平成19年入社

yokota

医療事務といえば、パソコンと向き合っているイメージが強いと思います。 決してそんなことはありません。
まつもと薬局の仕事を通じて、多くの事に気づきました。
中でも、私自身一番大切にしている事は「接遇」です。 「接遇」とは、相手に対するおもてなしです。
入社当時、先輩の仕事ぶりを見て「どうしたら先輩達の様に素敵な笑顔で仕事が出来るだろう」と感じたのが、接遇に興味を持ったきっかけです。
初めは仕事をこなすのに精いっぱいで、表情や気持ちを込めるところまで意識出来ませんでした。
会社の接遇勉強会に参加した時に「笑顔が怖い」と言われ、そこで“ハッ”と気づかされました。
自分が患者様の立場になってみると、受付の人の笑顔が怖いと確かに不愉快だと思いました。
その時から相手の立場になって「挨拶」「行動」「言葉づかい」「姿勢」を意識して仕事をしています。
yokota3か月間の社外研修に参加したことも、更に自分を成長させることができました。
日々の勉強の積み重ねがあり、一緒に働いている職員のみなさんの協力もあって、今では患者様・来局者の方と笑顔のお付き合いが出来るようになり、「ありがとう」という感謝の言葉を頂ける事は大変嬉しく思います。
これからも、後輩達のお手本となる先輩を目指して学んでいきます。
そして、患者様がまつもと薬局に来てよかったと、笑顔でお帰り頂けるように努力していきたいと思います。