ライン

トップページ>>まつもと薬局だより>>第5号かぜ・インフルエンザの早めの予防と回復に役立つ食品

まつもと薬局だより5

かぜ・インフルエンザの予防と回復

ピンかぜ・インフルエンザの予防や回復に役立つ食品

ビタミンC

ビタミンCが多い食品抵抗力をつけ、かぜの予防や回復に役立ちます。かぜをひくと消耗が激しいので多めに摂りましょう。

多く含まれる食品:ブロッコリー・ピーマン・大根 じゃがいも・さつまいも・いちご・みかん・レモン

ビタミンE

ビタミンEの多い食品白血球やリンパの働きをよくし、免疫力を高めます。

多く含まれる食品:かぼちゃ・うなぎ・大豆

亜 鉛

亜鉛が多い食品不足すると免疫が低下してしまします。

多く含まれる食品:牛肉・うなぎ かき・緑茶

レチノール(ビタミンA)

レチノール(ビタミンA)が多い食品ウイルスの侵入口となる鼻や喉の粘を丈夫にします。

多く含まれる食品:レバー・うなぎ・たまご 緑黄色野菜

ビタミンB群

ビタミンB群が多い食品発熱によってビタミンB群が失われ不足します。

多く含まれる食品:たまご・豚肉・豆類・チーズ にんにく・ほうれん草

カテキン

カテキンが多い食品強い抗菌・坑ウイルス作用があり予防に大きな効果を発揮します。

多く含まれる食品:緑茶

β-Dグルカン

β-Dグルカンが多い食品免疫細胞を活性化します。ビタミンCと一緒にとると効果的です。

多く含まれる食品:きのこ類

硫化アリル

硫化アリルが多い食品臭いの成分です。強い抗菌作用と、免疫力を高める力があり、体を温めてくれます。
※胃が弱っている時は少量か回復をまってからにしましょう。

多く含まれる食品:ねぎ・にんにく・玉ねぎ・にら


びっくりマーク こんな食品にはご注意 びっくりマーク

かぜやインフルエンザの時に注意したい食品バター

アイコン 脂質や食物繊維は、胃腸に負担がかかり、体力維持に必要なビタミンやミネラルまで排出させてしまうので摂りすぎに注意しましょう。

かぜやインフルエンザの時に注意したい食品、お酒 アイコン アルコールは、熱や咳を悪化させたり、薬の作用を増強させてしまいます。肝臓にも負担がかかるので控ましょう。 たまご酒も効果があるのはひき始めです。

アイコン トマト・きゅうり・なす・白菜・そば・貝類は体を冷やすので控えめにしましょう。

風邪にオススメの手作りドリンク カップ

咳を鎮めるダイコン湯体を温めるたまご酒
体を温めるくず湯 体を温めるしょうが湯
薬局たより第4号食塩と健康のページへ 薬局たより第6号検査値のページへ
このページのトップへ
ライン
Copyright (C) 2009 Matsumoto Pharmacy . All rights reserved.
まつもと薬局フロンティア店帯広市西18条北2丁目29番地6
 電話 0155-41-9333
“無断で転用を禁止します”