北海道・帯広・十勝の【まつもと薬局】の成分調整食品【減塩、低たんぱく、低カリウム】を利用したレシピ 低リンミルクを使ったオレンジムース

milk
クリックすると拡大
たんぱく質エネルギー 食塩 カリウム リン
1.8g103kcal 0.0g 80mg 37mg

低リンミルクを使ったオレンジムース 一人分

オレンジ 30g
低リンミルク 3g
お湯 13g
生クリーム 12g
マシュマロ(約2個) 6g
レモン汁 5g
※飾り用  
ブルーベリー(5個) 10g
さくらんぼ(1粒) 10g

低リンミルクを使ったオレンジムースの作り方

下処理

・オレンジを一口サイズに切り、皮をはがします。

低リンミルクをお湯で十分に溶かします。

  1. 耐熱容器に生クリームと、お湯で溶いた低リンミルクを入れて、混ぜます。
  2. ①の容器にマシュマロを入れ、電子レンジでマシュマロが溶けるまで加熱します。
  3. 電子レンジから②を出し、マシュマロを潰すように泡立て器で混ぜます。(500W 40秒)
  4. 液状になったら、氷水の入ったボールに耐熱容器に入れ、粗熱をとりながら、さらに泡立て器で混ぜます。
  5. ひと肌くらいに冷めたら、氷水から耐熱容器を取り出し、レモン汁を入れて混ぜ、オレンジを入れて、さっくりと混ぜ合わせます。
  6. ⑤をお好みの容器に入れて、冷蔵庫で冷やし固めます。
  7. 固まったら、ブルーベリーとさくらんぼを盛り付けて出来上がりです。

腎臓病患者様向け低リンミルクを使ったオレンジムースレシピワンポイント

  • 低リンミルクを使いうことでリン・カリウムを低減、カルシウム・鉄を強化することができます。
  • ゼラチンや寒天を使わなくても、マシュマロで簡単に口当たり優しいムースが作れます。
  • マシュマロはゼラチンよりもたんぱく質が少なく、寒天よりエネルギーが高いので、腎臓病の方に優しいデザートが作れます。
  • マシュマロの甘さにプラスして、オレンジやレモン汁を使用してさっぱり感を出しました。

メモ低リンミルクを使ったオレンジムースメモ