【まつもと薬局薬剤師研究発表】インデックス。北海道・帯広・十勝にあります。薬剤師募集がん化学療法施行中患者の保険薬局における実態調査

 がん化学療法施行中患者の保険薬局における実態調査

IMG_2057
日程 2015年5月17日
場所 札幌コンベンションセンター
研究者 浅野 逸郎、大野 伴和、藤原 舞子、鈴木 希、松本 健春(まつもと薬局 本店)

背 景

がん化学療法の適正使用には、病院の医師・薬剤師と薬局薬剤師との連携が重要である。しかし、現時点では処方せんを応需した保険薬局では、適正使用のための情報が非常に不足している。昨今、お薬手帳などのツールを用いた病診薬連携が報告されている。今回、薬局に来局するがん化学療法施行中の患者に対して、治療レジメンの確認方法に関する実態調査を行った。

対象・患者背景

【対 象】

2014年6月〜8月の3ヶ月間に、まつもと薬局に来局した患者のうち、がん化学療法施行中と判断した患者。

【患者背景】

sankaku症例数:39例
sankaku年齢:中央値 69歳(49~82)
sankaku性別:男性24人 、女性 15人
sankakuお薬手帳:あり30人(70%)、なし9人(30%)

調査項目

checkbox-1診療科
checkbox-1臓器別
checkbox-1来局した人 
checkbox-1がん化学療法施行中であると判断した項目
checkbox-1治療レジメンの確認について
checkbox-1薬局薬剤師の患者について知りたい情報 ?

 

 

結果(1)診療科・臓器・来局した人の内訳

 

 

1

 

 

 

 結果(2)がん化学療法施行中と判断した項目

 

 

2

 

 

 

結果(3)治療レジメンの確認

 

 

3

 

 

診療明細書

 

 

 4

 

 

お薬手帳

 

 

5

 

 

 

結果(4)薬局薬剤師の患者について知りたい情報

 

checkbox-1治療方針
checkbox-1疾患名
checkbox-1体表面積(身長、体重)
checkbox-1治療歴
checkbox-1検査値(腎機能、治療効果)
checkbox-1病院での説明内容

 

 

ま と め

 

●お薬手帳への入院時における治療内容の記載が数件あり、がん化学療法において、お薬手帳が病診薬連携の有用なツールの一つと考えられる。
●がん化学療法施行中の患者において、お薬手帳持参率は100%ではなく、今後も病院、保険 薬局での啓蒙が必要と考えられる。
●外来にて投与された注射薬は、病院での診療明細書でしか把握する事ができない。

 

 

今後の課題

浅野_ページ_01