研究発表

まつもと薬局では、各々の薬剤師が薬学大会をはじめ各種学会や講演会に積極的に参加し日々、新しい知識を追求しています。薬局で取り組んでいることなどを各学会・研究会などに発表しています。

oo

CKDに対する保険薬局の取り組み

北海道腎と薬剤研究会 「CKDに対する保険薬局の取り組み」 日程 2016年10月21日 場所 とかち館 2階「孔雀の間」 研究者 大野 伴和  

CKDに対する保険薬局の取り組みの記事の続きへ

suzuki

糖尿病患者の 運動療法に関する実態調査

第63回 北海道薬学大会 糖尿病患者の 運動療法に関する実態調査 ~行動変容ステージを用いて~ 日程 2016年5月14日・15日 場所 札幌コンベンションセンター 研究者 鈴木 実紀、浅野 逸郎、大野 伴和、 刀禰谷 [...]

糖尿病患者の運動療法に関する実態調査の記事の続きへ

IMG_0792

点眼薬の適正使用に関する現状調査

第48回日本薬剤師会学術大会 点眼薬の適正使用に関する現状調査   日程 2015年11月22、23日 場所 かごしま県民交流センター 研究者 大野伴和、浅野逸郎、藤原舞子、鈴木希松本健春(まつもと薬局 本店) 目的 点 [...]

点眼薬の適正使用に関する現状調査の記事の続きへ

IMG_2057

がん化学療法施行中患者の保険薬局における実態調査

 がん化学療法施行中患者の保険薬局における実態調査 日程 2015年5月17日 場所 札幌コンベンションセンター 研究者 浅野 逸郎、大野 伴和、藤原 舞子、鈴木 希、松本 健春(まつもと薬局 本店) 背 景 がん化学療 [...]

がん化学療法施行中患者の保険薬局における実態調査の記事の続きへ

P1040920

CKD患者、透析患者の睡眠状況についての調査

第8回日本腎臓病薬物療法学会2014 CKD患者、透析患者の睡眠状況についての調査 日程 2014年10月12日・13日 場所 大阪国際交流センター 研究者 (株)まつもと薬局  ○大野伴和、田中啓介、藤原舞子、遠藤泰明 [...]

CKD患者、透析患者の睡眠状況についての調査の記事の続きへ

P1040774

湿布剤を後発品へ変更する際の、患者の選定基準の調査

湿布剤を後発品へ変更する際の、患者の選定基準の調査 日程 2014年5月24日・25日 場所 札幌コンベンションセンター 研究者 (株)まつもと薬局  ○大野伴和、藤原舞子、遠藤泰明、松本健春 【はじめに】  使用頻度が [...]

湿布剤を後発品へ変更する際の、患者の選定基準の調査の記事の続きへ

yoni

保険薬局における糖尿病療養指導

保険薬局における糖尿病療養指導 ~運動療法への取り組み(第1報)~ 【医師・看護師・管理栄養士とのチーム医療を目指して】 日程 2014年5月24日・25日 場所 札幌コンベンションセンター 研究者 (株)まつもと薬局  [...]

保険薬局における糖尿病療養指導の記事の続きへ

0

北海道病院薬剤師会誌掲載

北海道病院薬剤師会誌4月号(2013年4月)に掲載された発表です。テーマは「震災などの緊急時に服用医薬品情報を入手する為の一手段の取組み~領収証にQRコードを添付した医薬品情報サービスのアンケート調査~」です。

北海道病院薬剤師会誌掲載の記事の続きへ

6-1

第59回北海道薬学大会

第59回北海道薬学大会(2012年6月16~17日)での発表です。テーマは『湿布剤の実際の使用状況と全身性の副作用についての調査』です。

第59回北海道薬学大会の記事の続きへ

5-3

第59回北海道薬学大会

第59回北海道薬学大会(2012年6月16~17日)での発表です。テーマは『腎機能低下患者の把握および注意喚起のためのCKDシールを用いた取り組み』です。

第59回北海道薬学大会の記事の続きへ

2

第58回 北海道薬学大会

第58回 北海道薬学大会(2011年5月21~22日)での発表です。テーマは『他剤からリラグルチドへ変更となった患者への聞き取り調査による薬効および副作用評価』です。

第58回 北海道薬学大会の記事の続きへ

0

十勝病院薬剤師会総会

十勝病院薬剤師会総会(2009年6月19日)での発表です。テーマは『糖尿病患者における食直前薬の服薬実態調査』です。

十勝病院薬剤師会総会の記事の続きへ

1

第43回日本薬剤師会学術大会in長野

第43回日本薬剤師会学術大会in長野(2010年10月10~11日)での発表です。テーマは『小児用製剤の先発医薬品を後発医薬品へ変更した際の服薬コンプライアンスに関する調査』です。

第43回日本薬剤師会学術大会in長野の記事の続きへ