研修制度

薬剤師としての資質を高め、不安のない成長を促すための研修制度となっています。

新人研修 7日間

入社してすぐに行われる研修です。社会人・医療人としての心得やまつもと薬局のなりたちについて社長からのお話があります。
その後、導入講義(各種専門分野の説明)を各部門担当者から行い、理解度を確認しながら進めていきます。

導入講義例

  • 処方内容に基づく服薬指導
  • 臨床検査値についての説明
  • 薬剤服用歴の記載方法
  • 医療安全管理研修(インシデント※1、プレアボイド例※2)
  • 妊娠・授乳と薬について
  • 調剤報酬点数についての説明
  • 成分調整食品(糖尿病食、腎臓病食など)についての説明
  • 在宅について(フィジカルアセスメント※3研修含む)説明
  • 各種認定資格についての説明
  • 患者対応例の提示・ロールプレイ...等
  • ※1 インシデント:医療現場で、事故につながりかねないような、ひやりとしたりはっとしたりした出来事
  • ※2 プレアボイド:薬剤師がその専門性を実践した結果、既知の副作用を回避できたり、早期に発見したため大事に至らなかったなど、薬物療法の安全性を守 ることができた事例
  • ※3 フィジカルアセスメント:問診・視診・触診・聴診・打診などを通して、実際に患者の身体に触れながら、症状の把握や異常の早期発見を行うこと

OJT(On the Job Traning)研修 3ヶ月

店舗にて実際の業務を通して研修を行います。
初期研修の3カ月間は、様々な処方が体験できる総合病院の近隣に位置する本店にて行います。
OJT担当を決め、到達度を確認しながらすすめていきます。また、OJT担当とは別にメンター制度も導入しており、任命されたメンターに「仕事に関する漠然とした不安や悩み」を聞いてもらいながら安心して研修を行うことができます。

店舗研修 4~9カ月間

1~2ヵ月毎に各店舗で研修を行い、各店舗職員とのコミュニケーションを図るとともに、各店舗の特徴を把握してもらいます。様々な環境で業務を行うことで知識と技術の幅が広がります。

店舗配属 2年目以降

希望に応じて、店舗配属を行います。店舗決定後は、フォローアップ研修を受けながら、各種研修(マネジメント研修、スペシャリスト研修を選択し、研修部のサポートを受けながら学会参加・研究発表などを通じて薬剤師としての職能を磨いていきます。
2年目以降は、自身が初期研修の際のメンターに任命される可能性もあるため、制度の理解に関する研修もあわせて行っていきます。

フォローアップ研修

毎月、薬剤師勉強会にあわせて、フォローアップ研修を実施します。 症例検討 調剤報酬研修 医療安全研修 在宅研修...など

マネジメント研修

管理職を目指している人、また、将来のために経営の勉強をしたいという方のために。薬局運営に関わる研修ができます。

  • 管理職
  • 事業部
  • 研修部
  • 在宅部
  • 薬歴部
  • 薬局開設に向けた経営研修 など

スペシャリスト研修

各種専門資格を取得して、専門性を活かしたい方のために。

  • 糖尿病療養指導士
  • 腎臓病薬物療法認定薬剤師
  • 研修認定薬剤師
  • プライマリ・ケア認定薬剤師
  • 緩和薬物療法認定薬剤師
  • 感染症薬物療法認定薬剤師
  • 妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師 など

資格取得サポート
認定取得に関わる学会発表旅費や試験受験費用などを負担します。詳しくはお問い合わせください。