一包化(いっぽうか)のくすりについて

飲み忘れを防いだり沢山飲み薬がある人がのみやすくなるように薬局では 通称 "一包化(いっぽうか)" と呼ばれる方法で錠剤・カプセル・粉薬を「朝」「昼」「夕」「寝る前」などそれぞれの袋に分包することがあります。

左図:分包紙、右図:全自動錠剤分包機

bunpousi.JPG  zenjidoubunpouki.JPG

一包化の機械の中に入れる錠剤は、シート(ヒート)の錠剤を出して使用することもあります。通常は指で押し出してばらす事が多いですが、まつもと薬局では、PTP除包機「パラスター」という機械を利用して行う事もあります。

barasi kikai.JPG jyouzai gara.JPG kasetta.JPG

左図:PTP除包機「パラスター」、中央図:ヒートの抜け殻、右図:カセッター

全自動錠剤分包機の中には、沢山のカセッター(右図)が入っており、処方箋の内容を入力すると自動的に分包されてきますが、世の中には沢山の薬が存在しているため、すべてを網羅することはできません。

人の手が加わる部分 + 分包機のスピードの限界もあるため、一包化の患者様をお待たせすることもありますが、ご理解頂きたいところであります。

本店 薬剤師 大野伴和