ライン

トップページ>>腎臓病レシピ集>>腎臓病食料理講習会(第22回)

腎臓病用料理低たんぱくレシピ

平成21年6月18日

クッキングサプリを使った腎臓病患者様向け、鉄分強化おからハンバーグのレシピです

たんぱく質 エネルギー 食塩 カリウム リン 鉄分
10.6g 221kcal 0.3mg 461mg 154mg 7.6mg
鉄分強化おからハンバーグ材料1人分
  1. おから
  2. 豚ひき肉
  3. 玉ねぎ
  4. サラダ油
  5. トマトケチャップ
  6. クッキングサプリ
  7. サラダ菜
  8. ミニトマト
  1. 40g
  2. 20g
  3. 30g
  4. 30g
  5. 5cc
  6. 10cc
  7. 3g
  8. 10g
  9. 30g
鉄分強化おからハンバーグの作り方
  1. 玉ねぎを2~3mm角にみじん切りにする。水を入れた鍋に玉ねぎを入れ2分熱湯で茹でこぼし、冷水にとりキッチンペーパーで軽く水気を絞る。
  2. おからとひき肉をこねながら混ぜ、卵・玉ねぎ・クッキングサプリを入れしっとりするまで更に混ぜる。
  3. 2)のたねを5等分にして俵型にし、油をひいたフライパンで中火で焼く。
  4. 焼き上がったハンバーグを皿にもりケチャップをかけ、サラダ菜とトマトを添える。
腎臓病患者様向け、おからハンバーグのレシピワンポイント
  • クッキングサプリの商品ページへリンクしますクッキングサプリを使った、鉄分を強化したレシピです。
  • ハンバーグを焼く時は、両面に中火で焼き目をつけ、ふたをして弱火で4~5分焼いて下さい。焦げないよう気をつけて下さい。
  • 冷凍保存していただくと、お弁当などにも活用しやすいです。

このページのトップへ

低たんぱく・なすとかぼちゃのあんかけの料理レシピ印刷用ページへリンクします

たんぱく質 エネルギー 食塩 カリウム リン 鉄分
4.0g 190kcal 0.5g 288mg 52mg 1.4mg
低たんぱくなすとかぼちゃの南蛮あんかけ材料1人分 
  1. レトルト南蛮丼
  2. なすび
  3. かぼちゃ
  4. 揚げ油
  1. 1/2袋
  2. 40g
  3. 40g
  4. 10cc
低たんぱく、なすとかぼちゃの南蛮あんかけの作り方
  1. なすとかぼちゃを水を沸騰させた鍋に入れ熱湯で5~7分ほど茹でこぼす。茹でこぼしたらキッチンペーパーで軽く水気を取る。
    ※なすび、かぼちゃは3~4cmに一口大に切る(さいの目切り→厚みを1~2cmにしてそれを横にして同じ厚さで切ります)。
  2. なすとかぼちゃは素揚げ(そのまま油で揚げる)する。水気が残っているとはねるので気をつける。
  3. 熱湯で5分温めたレトルト南蛮丼に野菜にかける。
腎臓病患者様向け、なすとかぼちゃの南蛮あんかけのレシピのワンポイント

このページのトップへ

腎臓病患者様向け、鉄分強化桜海老と枝豆のかき揚げの料理レシピ印刷用ページへリンクします

たんぱく質 エネルギー 食塩 カリウム リン 鉄分
18.2g 207kcal 0.6g 436mg 297mg 4.3mg
鉄分強化桜海老と枝豆のかき揚げ材料1人分
  1. 桜海老(乾燥)
  2. 枝豆(冷凍)
  3. コーン(缶詰)
  4. 小麦粉
  5. クッキングサプリ
  6. レモン
  7. 揚げ油
  1. 10g
  2. 2g
  3. 10g
  4. 13g
  5. 5g
  6. 15cc
  7. 1.5g
  8. 1/8個
  9. 8cc
鉄分強化桜海老と枝豆のかき揚げの作り方
  1. 大きめの鍋に8分目程水を入れて沸かす(塩は入れない)。沸いたらさやつきのまま枝豆を茹でさやから取り出しておく。
  2. 桜海老は熱湯に2分ほど茹でこぼしする。茹でこぼしたらキッチンペーパーで軽く水気を取る。
  3. 卵を溶き水と混ぜ、そこにクッキングサプリを入れて更に小麦粉を入れさっくりと混ぜる。
  4. 3)に桜海老、枝豆、コーン(汁を切る)を入れて軽く混ぜる。
  5. 揚げ油を170度に熱し、4)をスプーンですくってあげる。
  6. 1/8にくし切りしたレモンを添える。丸い物の上下を少し切り落としてきり更に中心から放射状に均等に切ります。
腎臓病患者様向け、桜海老と枝豆のかき揚げのレシピワンポイント
  • クッキングサプリの商品ページへリンクしますクッキングサプリを使った、鉄分強化レシピです。
  • 枝豆の分量は、さやから取り出した可食部です。さやつきの状態で50g(2倍)位用意して下さい。
  • 玉ねぎやむきエビ等を使っていただいても美味しく召し上がれます。
  • 揚げものは高カロリーで、エネルギ補給に最適なので多めに作って冷凍しておくと良いでしょう。

このページのトップへ

低たんぱく・鉄分強化腎臓病患者様向け、たらのねぎみそマヨネーズ焼きの料理レシピ印刷用ページへリンクします

たんぱく質 エネルギー 食塩 カリウム リン 鉄分
7.2g 116kcal 0.3g 32mg 112mg 3.2g
低タンパクマヨネーズタイプと鉄分強化クッキングサプリを使った腎臓病患者様向け、たらのねぎみそマヨネーズ焼き材料1人分
  1. たら(1/2切り身)
  2. 長ねぎ
  3. みそ
  4. 低たんぱくマヨネーズ
  5. クッキングサプリ
  1. 40g
  2. 5g
  3. 2g
  4. 10g
  5. 1.5g
低たんぱく・鉄分強化たらのねぎみそマヨネーズ焼きの作り方
  1. 長ねぎは1mm位のみじん切りにし、7分水にさらすを2回繰り返す。
  2. 1)の長ねぎ・みそ・低タンパクマヨネーズクッキングサプリを混ぜ合わせる。
  3. 2)をたらにスプーンでのせ、アルミホイルに包んで焼く。アルミホイルはふわっと包み込むようにする。
  4. オーブンで8分~10分程焼く。(焼けていなければ2、3分追加する)
腎臓病患者様向けたらのみそマヨ焼きのレシピのワンポイント
  • クッキングサプリの商品ページへリンクしますクッキングサプリを使った、鉄分強化のレシピです。
  • 低たんぱくマヨネーズを使った、低たんぱく質・高カロリーの料理です。

このページのトップへ

低たんぱく腎臓病患者様向け、けんちん汁の料理レシピ印刷用ページへリンクします

たんぱく質 エネルギー 食塩 カリウム リン 鉄分
3.2g 95kcal 0.5g 81mg 29mg 0mg
低タンパクレトルト筑前煮を使った腎臓病患者様、けんちん汁材料1人分
  1. レトルト筑前煮
  2. だし汁
  3. ※だしの素 スティック
  4. ※水
  5. 片栗粉
  1. 40g
  2.  
  3. 1/4本
  4. 150g
  5. 2g
  6. 少々
低たんぱくけんちん汁の作り方
  1. 水にだしの素を入れてだし汁を作る。
  2. だし汁にそのままのレトルト筑前煮を入れて火にかける。5分ほど温める。
  3. 水溶き片栗粉を2)にゆっくり入れとろみをつける。
腎臓病患者様向け、けんちん汁のレシピのワンポイント
  • 低たんぱくレトルト食品筑前煮の商品ページへリンクしますゆめシリーズレトルト筑前煮を使った、具沢山の低たんぱくけんちん汁のレシピです。
  • レトルト筑前煮は前もって温める必要はありません。レトルト食品を使うことで、食材を切る手間や煮込む時間の短縮にもなります。

このページのトップへ
腎臓病用料理レシピ、肉団子・ポンデケージョ他のページへリンクします 腎臓病用料理レシピ、みたらしだんご他のページへリンクします
ライン
Copyright (C) 2009 Matsumoto Pharmacy . All rights reserved.
まつもと薬局フロンティア店帯広市西18条北2丁目29番地6
 電話 0155-41-9333
“無断で転用を禁止します”