ライン

トップページ>>腎臓病レシピ集>>腎臓病用料理低たんぱくレシピ(第16回)

腎臓病用料理低たんぱくレシピ

平成16年11月10日

低たんぱく減塩、腎臓病患者様向け、お好み焼きのレシピです

たんぱく質 エネルギー 食塩 カリウム リン
17.2g 545kcal 2.7g 491mg 235mg
低たんぱく質の小麦粉とおもち、低塩中濃マヨネーズ、減塩ソースを使った腎臓病患者様向け、お好み焼き材料1人分
  1. T・T小麦粉
  2. 生キャベツ
  3. 長いも
  4. ひかりもち(1/3個)
  5. 豚肉脂身付き
  6. ニラ
  7. 白菜キムチ
  8. えび
  9. するめいか
  10. 長ねぎ
  11. 揚げ玉
  12. プロセスチーズ
  13. 紅生姜
  14. 上白糖
  15. 食塩(0.5+0.5)
  16. かつお顆粒出し
  17. 低塩中濃ソース
  18. 蛋白1/3マヨネーズタイプ
  19. 洋辛子
  20. 青のり
  21. 花かつお
  22. 菜種油
  1. 40g
  2. 40g
  3. 40g
  4. 20g
  5. 16g
  6. 15g
  7. 10g
  8. 10g
  9. 10g
  10. 10g
  11. 10g
  12. 10g
  13. 3g
  14. 3g
  15. 3g
  16. 3cc
  17. 1g
  18. 0.5g
  19. 15cc
  20. 15g
  21. 0.3g
  22. 0.1g
  23. 1g
  24. 3cc
低たんぱく質の小麦粉とおもち、低塩中濃マヨネーズ、減塩ソースを使った腎臓病患者様向け、お好み焼きの作り方
  1. かつお顆粒出しに、お湯60ccを加えだし汁を作りさましておく。冷めたら卵と混ぜ合わせる。
  2. T・T小麦粉は振っておく。
  3. 長いもは皮をむき、酢水に5分程つけアクを取り、水気を切り、おろしがねでおろす。
  4. ボールにT・T小麦粉と長いもを入れ、(1)を少しずつ加えながら泡だて器でなめらかになるまで混ぜ、塩・砂糖を加えて下味を付ける(時間がある時は、冷蔵庫で2時間程寝かせる)。
  5. キャベツは、4~5mmの太めの千切り、紅生姜はみじん切り、長ねぎは小口切り、ニラは長さ3cm、もちは5mm幅に切る。
  6. えびは、酒と塩を振って解凍し、殻と背ワタを取って1・5cmに切る。
  7. いかは薄切り、豚肉は5cm位に切り塩を薄く振る。
  8. ホットプレートを180~200度に温めて油を薄く引く。
  9. (4)のボールに、キャベツ・長ねぎ・揚げ玉を加え半量に分けておく。
  10. 一つのボールに、いか・えび・チーズ・ひかりもちを加えもう一つのボールに、ニラ・キムチ・豚肉を加えサックリと混ぜ、ホットプレートに2cm程の厚さの円形に焼く。
  11. 両面が焼きあがったら、低塩中濃ソースを塗り、辛子を混ぜたタンパク1/3マヨネーズタイプ・青のり・花かつおをかける。
腎臓病患者様向けお好み焼きのレシピワンポイント

このページのトップへ

エネルギーアップ粉飴を使った腎臓病患者様向け、梨の酢の物のレシピです

たんぱく質 エネルギー 食塩 カリウム リン
0.5g 70kcal 0.5g 95mg 16mg
エネルギーアップ粉飴を使った腎臓病患者様向け、梨の酢の物材料1人分
  1. 日本梨
  2. きゅうり
  3. 白ごま(小匙約1/3)
  4. 上白糖(小匙約2/3)
  5. 粉飴
  1. 50g
  2. 10g
  3. 1g
  4. 6cc
  5. 2g
  6. 8g
  7. 0.5g
エネルギーアップ粉飴を使った腎臓病患者様向け、梨の酢の物の作り方
  1. ボールに上白糖と粉飴・酢を加え、泡だて器で溶かし、塩を加えて味をととのえる。
  2. きゅうりは小口切りにし軽く塩を振り、しんなりしたら水洗いをして水気を切っておく。
  3. 梨は皮をむき一口大に切り、塩水に浸して水切りする。
  4. 食べる直前に、材料を加えて盛り付けし、白ごまをひねって振りかける。
腎臓病患者様向け、梨の酢の物のレシピワンポイント
  • エネルギーアップ用粉飴粉飴を使った、高エネルギーのレシピです。
  • 梨を、柿やりんごに変えても美味しくいただけます。

このページのトップへ

エネルギーアップ用粉飴を使った腎臓病患者様向け、ココアプリンのレシピです

たんぱく質 エネルギー 食塩 カリウム リン
2.2g 115kcal 102mg 50mg
エネルギーアップ用粉飴を使った腎臓病患者様向け、ココアプリンの材料1人分
  1. 普通牛乳
  2. 生クリーム(乳脂肪)
  3. 上白糖
  4. 粉飴
  5. ゼラチン
  6. ココア
  1. 40cc
  2. 10cc
  3. 3g
  4. 7g
  5. 4g
  6. 1.2g
  7. 4cc
エネルギーアップ用粉飴を使った腎臓病患者様向け、ココアプリンの作り方
  1. 器に水を入れ、ゼラチンを均等に振り入れ10分間置く。
  2. 鍋に砂糖と粉飴を入れ、牛乳と生クリームを加えて泡だて器でよくなじませ、ゼラチンを加えて中火にかけ沸騰直前に火を止める。
    (鍋の周りに、小さい泡が出来る位がよい)
  3. ボールにココアを入れ、(2)を1/4量を加えて荒くサッと混ぜ、残りを加え更にサッと混ぜる。
  4. 器を水にくぐらせ、ココア液を流し、余熱が取れたら、冷蔵庫で冷やし固める。
腎臓病患者様向け、ココアプリンのレシピワンポイント
  • エネルギーアップ用粉飴の写真粉飴を使った、高カロリーのデザートレシピです。
  • ゼラチンはたんぱく質が多いのですが、少量を楽しんで食べる事も長い食事療法には大切な息休めになります。

このページのトップへ
腎臓病用料理レシピ、うどん・なべしぎ他のページへリンクします 腎臓病用料理レシピ、カルボナーラ・サラダ他のページへリンクします
ライン
Copyright (C) 2009 Matsumoto Pharmacy . All rights reserved.
まつもと薬局フロンティア店帯広市西18条北2丁目29番地6
 電話 0155-41-9333
“無断で転用を禁止します”