ライン

トップページ>>腎臓病レシピ集>>腎臓病用料理低たんぱくレシピ(第15回)

腎臓病用料理低たんぱくレシピ

平成16年6月23日

低たんぱくうどんと減塩だしわりつゆを使った腎臓病患者様向け、冷やしうどんのレシピです

たんぱく質 エネルギー 食塩 カリウム リン
5.5g 277kcal 2.7g 381mg 88mg
腎臓病患者様向け、冷やしうどんの材料1人分
  1. げんたうどん
  2. ゆで卵(1/2個)
  3. しそ葉(1枚)
  4. 食塩10%梅ぼし(1個)
  5. トマト
  6. 焼きのり(1/3枚)
  7. かつおぶし
  8. こねぎ
  9. だしわりつゆ
  1. 70g
  2. 25g
  3. 1g
  4. 8g
  5. 40g
  6. 1g
  7. 0.8g
  8. 5g
  9. 23cc
  10. 80cc
腎臓病患者様向け、冷やしうどんの作り方
  1. 大きめの鍋にたっぷりの水を入れて沸騰させ、げんたうどんをパラパラと入れ強火のまま10分を目安にゆでる。(ふきこぼれないように火力を適度に調節して下さい)
  2. 茹であがったげんたうどんは、ザルに取り手早く水洗いする。
  3. 卵はゆで半分に切る。
  4. トマトはくし切り、こねぎは小口に切る。
  5. だしわりつゆを分量の水で薄め、冷やしておく。
  6. 器にげんたうどんを入れ、具を盛り付ける。
  7. 食べる直前に、つゆをかけていただく。
腎臓病患者様向け冷やしうどんのレシピワンポイント
低たんぱくげんたうどんの商品ページへリンクします 減塩だしわりつゆの商品ページへリンクします
  • 減塩うめの商品ページへリンクします げんたうどんを使った、低たんぱく質料理レシピです。
  • だしわりつゆを使った、減塩・低リン・低カリウム・低たんぱく料理です。
  • 食塩10%うめぼしを使って塩分の摂取量をおさえています。
  • 薄味で美味しく食べる工夫として、香味野菜を利用しました。⇒食塩を少なくする工夫

このページのトップへ

減塩ソースを使った腎臓病患者様向け、豚肉となすとピーマンのなべしぎのレシピです

たんぱく質 エネルギー 食塩 カリウム リン
2.1g 160kcal 0.6g 115mg 27mg
腎臓病患者様向け、豚肉となすとピーマンのなべしぎ材料1人分
  1. 豚肉肩ロース脂つき
  2. なす
  3. 青ピーマン
  4. 減塩みそ
  5. 砂糖
  6. 菜種油(大匙2/3)
  1. 10g
  2. 30g
  3. 10g
  4. 10g
  5. 7g
  6. 5cc
  7. 8cc
腎臓病患者様向け、豚肉となすとピーマンのなべしぎの作り方
  1. 豚肉は一口大に切る。なすとピーマンは種とヘタを除きそれぞれ長めの乱切りにする。
  2. 減塩みそ・砂糖・酒を混ぜ、合わせ調味料を作る。
  3. フライパンを熱し油を入 れ豚肉をよく炒め、なすを加え最後にピーマンを加えサッと炒めたら、合わせ調味料を加えて味をととのえる。
腎臓病患者様向け豚肉となすとピーマンのなべしぎのレシピワンポイント
減塩みその商品ページへリンクします
  • 減塩みそを使用して塩分・カリウム・リンをおさえました。

このページのトップへ

高カロリー粉飴を使った腎臓病患者様向け、フルーツヨーグルトのレシピです

たんぱく質 エネルギー 食塩 カリウム リン
2.7g 93kcal 0.1g 187mg 76mg
腎臓病患者様向け、フルーツヨーグルト材料1人分
  1. いちご
  2. ヨーグルト(無脂肪・無糖)
  3. 粉飴
  1. 50g
  2. 60g
  3. 10g
腎臓病患者様向け、フルーツヨーグルトの作り方
  1. いちごは薄い塩水で洗い、一口大に切りヨーグルトを加える。
  2. 粉飴を加え甘味をととのえる。
腎臓病患者様向けフルーツヨーグルトのレシピワンポイント
カロリーアップ用粉あめの商品ページへリンクします
  • 粉飴を使いエネルギーを増やした、高カロリーレシピです。
  • 乳製品は、ひとつの食品としてみた時、栄養に一番すぐれた食品です。 一日最低60~70gを摂取することをお勧めします。

このページのトップへ
腎臓病用料理レシピ、団子鍋・大学いも他のページへリンクします 腎臓病用料理レシピ、お好み焼き・酢の物他のページへリンクします
ライン
Copyright (C) 2009 Matsumoto Pharmacy . All rights reserved.
まつもと薬局フロンティア店帯広市西18条北2丁目29番地6
 電話 0155-41-9333
“無断で転用を禁止します”