ライン

トップページ>>イベント・講習会>>第6回腎臓病懇親会

『 腎臓病懇親会 』

第6回 腎臓病懇親会

平成21年4月16日

会場:まつもと薬局 西6条店 2階会議室
参加人数:8名
<ご協力いただいた会社>
(株)日清サイエンス・(株)バイオテックジャパン

【 試食会 】

今回は新商品の試食をしていただきました。お越し頂いた皆様は、定期的に治療用特殊食品を使い食事療法を実践なさっていおられるので、味はもちろん、調理法等についてのご意見ご感想をいただき、今後の商品の充実やご購入の際のアドバイスなどにも活用させていけたらと思っております。

試食した商品

(株)バイオテックジャパン餃子の皮(5gX10枚)

餃子の皮の栄養成分表

7月に発売されたばかりの低たんぱく質の餃子の皮を使って焼き餃子を作り試食していただきました。
こちらの皮は、たんぱく質調整食品ですので通常の皮とは違いあんを包む際にレンジアップする等のちょっとしたコツがありますが、餃子はあらかじめスタッフが作ったものを食べていただいたため、包む時の皮の状態や調理法等を見てもらうことができなく今回の反省点となりました。
味の感想は以下のようになり、3名の方が使ってみたいとの結果でした。
なお、こちらの商品は単品での販売はしておらず、ピザクラストやパスタとの詰め合わせ販売だそうです。ピザクラストについては、第5回腎臓病懇親会において試食していただきご好評でした。

腎臓病用低たんぱくに調整した餃子の皮を使った餃子を焼き始め 腎臓病用低たんぱく餃子の皮を使い焼いている餃子のアップ 腎臓病用タンパク調整餃子の皮を使った焼き餃子

感想

    腎臓病用タンパク調整餃子の皮、バイオテックジャパン低たんぱく質ぎょうざの皮
  • もちもち感は良いが、パリッと焼きあがらない。
  • 1枚の皮が大きいので食べ応えがある。
  • 歯にくっつく感じや、溶ける感じがする。
  • セット販売の為購入しづらい。

(株)バイオテックジャパン パスタ(4種類)

ロングパスタ栄養成分表 ショートパスタ栄養成分表

こちらも7月に発売された、形の違うロングパスタを2種・ショートパスタを2種試食していただきました。
こちらのパスタもたんぱく質が調整されている為、扱いが難しいとの声が多かったように思いました。

腎臓病用タンパク調整パスタ、低たんぱく質スパゲティ、バイオテックジャパン 低タンパクパスタ、バイオテックジャパン 腎臓病用タンパク調整ロングパスタ、低たんぱくショートパスタ・バイオテックジャパン

感想

    腎臓病用タンパク調整パスタ・低たんぱく質スパゲティバイオテックジャパン
  • サラダ用として使いたい。
  • お餅みたい。
  • 調理法が難しい。改善した方が良いのでは。
  • 歯にくっつく。

(株)日清サイエンス カップめん各種

※ 詳細は各商品をクリックしてください。

こちらのたんぱく調整カップ麺はすでに店頭販売してあったものがリニューアルされた為試食していただきました。評価は5段階で3~5とどれも高評価でした。
他にもご意見として、そばや冷凍麺も作って欲しい等の要望がありました。カップめんは手軽に食べられ、軽くて持ち運びにも便利な商品です。色々な種類があると、食べ飽きせずに食生活の充実にもつながっていきそうです。

日清サイエンス低たんぱくカップかやくうどん出来上がりの中身 腎臓病用日清サイエンス低たんぱくソース焼きそばの出来上がりの中身 腎臓病用日清サイエンス低たんぱくカップラーメンしょうゆ味の出来上がりの中味
 

感想

  • 腎臓病用低たんぱくカップ麺の中味値段は別として、味・麺とも普通のカップ麺とほとんど変わりなく良い。
  • うどんはだしが効いていて美味しい。市販品に近く食べやすい。
  • 焼きそばは、ソースの味が濃い。しょっぱいように思う。
  • とんこつラーメンのキクラゲの食感が良い。
  • ラーメンと言うより、ラーメン風な感じ。深み・コクが欲しい。

【 勉強会 】

今回は「腎臓以外の検査値についても知りたい」との意見があった為【検査値について】と題し、勉強会を行いました。
検査値を各自持ち寄り一般の検査の基準値、そこから考えられる疾患や腎臓病の食事療法をしている人に影響され易い検査値等も含め説明していきました。

腎臓病で影響され易い検査結果 検査値の見方

項目 基準値 働き/高い場合/低い場合 腎臓疾患で影響され易い検査値
総たん白/TP(g/dl) 6.7-8.3 全身の栄養状態を知る手がかりになります。 たんぱく質を制限している為、低い場合が多い。
アルブミン
(g/dl)
3.8-5.3 高い時は脱水の疑い。
栄養状態が悪かったり出血が多くなると低くなる事があります。
A/g 1.2-2.0 アルブミンとグロブミンの総量。
肝障害・ネフローゼ症候群・悪性腫瘍などの可能性を探ることができます。
gOT/AST
(Iu/l)
3-38 肝臓に多く存在する酵素。
肝臓疾患の他に心筋や赤血球の破壊によって高くなることがあります。
 
gPT/ALT
(Iu/l)
4-44 肝臓に多く存在する酵素。
肝炎や肝硬変など肝細胞が壊れる肝疾患で高くなる事があります。
 
LDH
(Iu/l)
106-211 どの臓器にも含まれ異常があると血液中に増加します。
肝疾患・血液・肺・心臓疾患で高くなる事があります。
ALP
(Iu/l)
104-388 肝臓・骨・小腸などの含まれる酵素。
特に肝・胆に異常があると高くなります。
CHE
(Iu/l)
203-460 主に肝臓で作られている酵素。
肝機能が正常かを知ることができます。
γ-gPT
(Iu/l)
16-73 肝臓に多く存在する酵素
肝臓・胆のう疾患で高くなり、アルコールの飲み過ぎなどでも高くなります。
尿素窒素/BUN
(mg/dl)
8-20 たんぱく質が分解されてできた最終産物で腎臓から尿中に排出される。
腎臓の機能が低下すると高なります。
高値
クレアチニン/Cre
(mg/dl)
男0.6-1.1
女0.4-0.8
腎臓から排出される老廃物の一部で腎臓の機能が低下すると高くなります。
尿酸/UA
(mg/dl)
男4.0-7.0
女3.0-5.5
アルコールの飲み過ぎや、過食などにより尿酸の排出が十分にできなくなると、血中の濃度が高くなり痛風や腎障害を引き起こす事があります。
アミラーゼ
(Iu/l)
43-116 すい臓や唾液に含まれる酵素。
すい炎や唾液腺疾患、胆石などの指標に使います。
 
ナトリウム
(mmol/1)
136-149 一定に保たれ維持されている事が細胞が生きていく為に必要な条件です。
腎臓の疾患や薬剤、脱水などで変動がみられます。
高値になり易い。
個人差がある。
カリウム
(mmol/1)
3.3-5.0 神経の興奮や心臓の筋肉(心筋)の働きを助けます。
クロール
(mmol/1)
99-115 からだの水分の保持や浸透圧の調節などに働きます。
カルシウム
(mg/dl)
8.8-10.2 骨代謝・筋収縮・血液凝固にも大切な物質。
腸管・骨・腎臓などの異常で変動する事があります。
ミオグロビン
(ng/m)
男0-60
女0-35
筋組織の障害や激しい運動の後で高くなり、腎不全や高熱症などでも高くなる事があります。
コレステロール
(mg/dl)
130-220 血管壁やホルモンの材料となる必要不可欠なもの。
高くなると動脈硬化を引き起こす危険があり、高齢女性では高くなる事があります。
 
HDLコレステロール
(mg/dl)
男35-79
女42-88
善玉コレステロールと呼ばれ、体内の余分なコレステロールを抜きとる働きがあります。  
LDLコレステロール
(mg/dl)
目標値
140以下
悪玉コレステロールと呼ばれ、多いと動脈硬化を促進させます。計算式を使って割り出す事が多い。
中性脂肪
(mg/dl)
50-150 主にエネルギー源として働き、糖分や油分の摂り過ぎにより高くなり、脂肪肝や動脈硬化などの原因になる事があります。 砂糖などでエネルギーを上げている場合は上がりやすい。
血糖
(mg/dl)
70-110 血液中のブドウ糖の量で食後に高くなります。
糖尿病の診断や経過観察で測定します。
糖分や糖質でエネルギーを上げている場合は上がりやすい。
ヘモグロビンA1c
(%)
4.3-5.8 過去1~2ヵ月の血糖値の状態を反映。
糖尿病の経過観察などに測定します。
白血球数/WBC
(ul)
男3900-9800
女3500-9100
血液中に含まれる白血球の数。
血液疾患や炎症性疾患などで変化します。
 
赤血球数/RBC
(ul)
男427-570
女376-500
血液中に含まれる赤血球の数。  
血色素量/Hb
(/dl)
男13.5-17.6
女11.3-15.2
赤血球中の色素で、体に酸素を運搬しています。
貧血の有無を判別します。
ヘマトクリット/Ht
(%)
男39.8-51.8
女33.4-44.9
全血液のうちの赤血球の割合を示します。
赤血球数・血色素量・ヘマトクリットを組み合わせ、貧血などを調べます。
腎性貧血などの影響で低くなる場合が多い。
たんぱく質を制限している為、低くなる場合が多い。
血小板数
(/ul)
130-369X10 出血を止める為に重要な働きをする血液成分の数を調べます。
CRP
(mg/dl)
0-0.3 炎症疾患や体内組織の破壊がある場合に高くなります。  

LDLコレステロールの(悪玉コレステロール)計算式

血液検査の値は、年齢・性別・体質・採血条件などにより大きく差が出ます。数値だけで病気の判断ができるわけではありません。気になる事は主治医におたずね下さい。なお基準値は病院等により若干異なります。

腎臓病懇親会第5回のページへ 腎臓病懇親会第7回のページへ
このページの先頭へ戻ります
ライン
Copyright (C) 2009 Matsumoto Pharmacy . All rights reserved.
まつもと薬局フロンティア店帯広市西18条北2丁目29番地6
 電話 0155-41-9333
“無断で転用を禁止します”